HOME>トピックス>条件に合う不動産会社を選んでお得に賃貸を契約しよう

条件に合う不動産会社を選んでお得に賃貸を契約しよう

マンション

安く賃貸を契約する方法について

賃貸契約を安くするには、どの不動産会社を選ぶかがポイントです。不動産会社の中には仲介手数料が半額というところがあります。そういう会社を選べば、その分契約にかかる費用を安くすることができるのです。中には、自社の物件なら仲介手数料無料という場合もあり、賃貸契約の費用をできるだけ安くするために、不動産会社選びはとても重要です。

敷金と礼金の違い

敷金とは?

敷金というのは、家や部屋を借りるときに支払う保証金のようなものです。部屋を退去するときには傷などを直す必要がありますが、敷金はそのときの費用として使われます。

礼金とは?

礼金も入居時に支払うものですが、これはオーナーへ感謝の気持ちを込めて支払うものです。退去時に返金される場合もある敷金と違って、礼金が返ってくることはありません。

契約の際にかかる費用

賃貸契約をする際にかかる費用としては、敷金・礼金のほかに、入居する月の家賃として前払いで支払う前家賃や火災が起きてしまったときのための火災保険料などがあります。

賃貸を契約する際に気になること

空き部屋

敷金がない物件の場合、退去時にお金はかかりますか?

敷金のある物件では、傷の修理費用などがあらかじめ支払っておいた敷金から引かれます。一方、敷金がない物件の場合は、退去時に実費で支払う必要があります。

契約する際に必要なものは何ですか?

物件によって変わってくるので、事前に確認しておく必要があります。最低限必要なものとしては、入居する人の住民票・身分証・収入に関する証明書、さらに保証人の実印・印鑑証明書があります。

賃貸契約に保証人は必要ですか?

基本的に保証人は必要です。しかし、物件によっては保証人がいなくても契約できる場合があります。その場合には保証会社へ申し込んで保証料を支払います。

火災保険料は絶対払わなければいけないのですか?

もし火災保険に入っていなければ、火災が起きてしまったときなどの損害賠償が全額自己負担になってしまいます。そのため、火災保険料は必ず払う必要があります。

広告募集中